すぐびん

読書や文房具のことについて書いてるブログです

検索

アクティヴ・フェーズ極意 『チーム・バチスタの栄光』

      2017/09/16

チーム・バチスタの栄光(上) / 海堂尊 / 宝島社文庫
チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)

評判がよく売れていることは知っていたが、文庫になるのを待ってました(最近はこういうことが多い)。『チーム・バチスタの栄光/海堂尊/宝島社文庫』はとても読みやすいミステリ。巷で評判の白鳥圭輔、よいです。ロジカル・モンスターの異名を持つだけあって、ロジカルに自分の調査手法を解析しながら謎解きを進行してくれるので、それが読みやすさ、わかりやすさをサポートしています。田口&白鳥の愛すべきキャラクタはそれぞれ現実離れしていながらも、案外これってありじゃないの、と思わせる。両者とも病院、役所の主流から大きくはずれているにもかかわらず、とても楽しそうなのだから。映画では白鳥を阿部寛が演じるようで(ちなみに田口は女性に変えられていて竹内結子)、よいキャスティングだね。

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600)

 - 小説, 読書