すぐびん

読書や文房具のことについて書いてるブログです

検索

小市民のハードボイルド 『なかよし小鳩組』

      2017/09/16

なかよし小鳩組 (集英社文庫)私の荻原浩初体験は『なかよし小鳩組/荻原浩/集英社文庫』となった。重厚な作品ではないが、楽しんで物語に浸るには頃合いの重さだ。いや実に具合がいい。

杉山が勤める零細広告代理店にCIという大仕事が舞い込んできた。ところがふたを開けてみると、依頼主はヤクザの小鳩組。次々と押し寄せる難局を、杉山は仲間とともに切り抜けていく。分かれた女房、娘との関係もいい感じ。

読み終えて、これってハードボイルドなのだと気づいた。立ちふさがる困難を前に、怯むことなく、知恵と肉体で乗り越えていく。例えばスペンサーの小市民版といったところか。スペンサーのような超人は別世界の話。なんか手が届きそうな杉山の活躍が、おじさんには心地よく、じんときてしまうのだね。

<作品作りの教訓>
事件の解決は必要条件ではない。解決の過程が大事。

 - 小説, 読書