すぐびん

読書や文房具のことについて書いてるブログです

検索

二枚目の革ブックカバー

      2016/07/06

二枚目といっても男前という意味ではない。

2年前に買ったleather-gのヌメ革製ブックカバー、たいそう気に入っていたのに、手に入れてからしばらくして紛失してしまったのだ。羽田空港で置き忘れ、それっきり現れることはなかった。とても残念で悲しかった(今でも悔しい)。以来、ブックカバーなしで過ごしてきた。別段困ることはなかったのだが、時がたち、沸々と革カバー欲が育ってきてしまった。

同じleather-gのブックカバーが欲しかったのだけれど、もう売り切れてしまったのか今では販売していない。そこであれこれネットで探して購入を決めたのが、『ディスタンスのヌメ革・ブックカバー・文庫フリータイプ(キャメル)』である。

ディスタンスのヌメ革・ブックカバー・文庫フリータイプ(キャメル)

このカバー、お値段手頃(税込み、送料込み3780円也)なのが一番の魅力となった。今日手元に届いて、さっそく今読みかけの文庫本につけてみた。前のカバーに比べれば、残念ながら品質は劣る。革はまあまあだが、縫製がちゃちい。切断口に色付けされていて、その塗料が少々はみだしたりもしている。とは言え、値段見合いだと思えばこんなもんかと納得。少なくとも普段使うには特段問題なし。よい所もあって、背や表紙にはさんで折り返す部分が薄く削がれているので折り曲げやすい。まずまずの落とし所なのである。

今度のカバーはなくさないようにしよう。縫製糸が切れるまで使うつもりである。もっと良いものが欲しくなれば、それはそのとき考えることに(BREEとかね)。そのうちエイジングが進んでくれば、愛着がわくかもしれないし。

あまり褒めなかったですが、気軽に革カバーを楽しむ分には決して悪いものじゃないです。もし興味があれば以下からのぞいてみて下さい(商品写真の色は現物とかなり違いましたのでそこも注意です)。


ヌメ革・ブックカバー・文庫フリータイプ 送料無料・代引手数料無料・プレゼント包装無料!

 - 文房具、小物