すぐびん

読書や文房具のことについて書いてるブログです

検索

メディアワークス文庫初体験 『ビブリア古書堂の事件手帖』

      2017/09/16

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち / 三上延 / メディアワークス文庫
ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)

ちょっとばかし息抜きで、軽めのものでも読んでみようかって気分だったので、評判になっている『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち/三上延/メディアワークス文庫』を試してみた。初めてのメディアワークス文庫体験だ。

北鎌倉の片隅にひっそりと店を構える古本屋「ビブリア古書堂」。そこの店主、栞子には、一冊の古本の向こうにある人の様が見える。「人の手から手へ渡った古い本には、中身だけではなく本そのものにも物語がある」というのが彼女の信条だ。入院中の栞子は、そこに持ち込まれる古本を通して、それにまつわる謎や悩みを解きほぐしていく。本の話題になると目を輝かせる、安楽椅子の美女探偵。

北村薫などの「日常の謎」系スタイルで、その展開がうまく、栞子の正体が気になって、ついついページを捲ってしまった。当初の「軽めのもの」という目的に対しては、ほのぼの感もあって正解だったんじゃないかな。

ただし本気でミステリとして読むには、ひねたおじさんにとっては物足りなさが正直ある。悪者は柄に似合わずしゃべりすぎるし、栞子と大輔との関係は不必要に甘い。「安楽椅子探偵」だからといって、リンカーン・ライムと比べたりしちゃいかんことくらいはわかっているが。重たいものばかりで疲れたときにホッと一息つけるチョコレートのような一冊だね。

続編は10月25日、まもなく発売。

 - 小説, 読書