すぐびん

読書や文房具のことについて書いてるブログです

検索

フランクリン・プランナーのちょっと便利な使い方

      2016/06/09

これまでにも書いたように、ぼくはフランクリン・プランナー(コンパクト)を愛用し、メインの手帳として様々な用途に使っている。用途の一つにブログ記事の下書きがあるのだが、それにはフランクリンのリフィルではなくて、普通のバイブルサイズの黄色の罫線リフィルを利用している。こうするといろいろいいことがあるのだ。

フランクリン・プランナーのコンパクトは、リフィルの縦の長さがバイブルサイズのそれと同じで、横幅が13mm長い。したがって、バイブルサイズのリフィルを10枚程度綴じると幅に段差ができて、一発でそのページを開くことができる。これはとても便利で、タブのシートなんて不要なわけだ。
また、バイブルサイズのリフィルは種類が豊富だから、カラフルなリフィルを使えるので、そのページを開いたときの気持ちの切り替えにもなる。

そしてさらに、ランニングコストが圧倒的に低い。今使っているリフィルは1.89円/枚、フランクリンのオリジナル・ラインページは9.04円/枚だから、約79%のコスト削減につながる。
このような使い方をされている方も結構いらっしゃるのではないかと思うが、一度お試しあれ。

franklin planner refil
【関連記事】

 - 文房具、小物