すぐびん

読書や文房具のことについて書いてるブログです

検索

公募選考段階に対する私のイメージ

      2016/07/03

第25回福島正実記念SF童話賞の選考結果が送られてきた。昨年と同様、1次選考すら通過しない散々な成績だった。「1次に残らない」というのは「どうしようもない作品」「応募するだけ無駄」という意味だと理解している。次回は応募しないと思う。

<公募選考段階に対する私のイメージ>

段階 評価イメージ
大賞 よくできました
最終通過 小説になっている
2次通過 文章になっている
1次通過 日本語になっている

 - 書く