すぐびん

読書や文房具のことについて書いてるブログです

検索

早々と2010年の手帳を準備した『高橋手帳リシェル3』

      2016/07/08

今年は早々と来年の手帳を買いに出かけた。まだ9月だというのに。来年もリシェル3を使おうと決めているので、とっとと買っちまおうという魂胆だ。

近所の本屋の手帳売り場で平積みされているリシェルを手に取る。そのままレジに向かえば何事もなかったのだが、まあせっかくなので他の手帳も一応眺めていくのもよかろうと、ぶらっとしてたまげた。なんじゃこりゃ、なのである。リシェルのそっくりさんがいるではないか。それは「能率手帳A6カジュアル3」という新商品だった。

外観は双子のようにリシェルと瓜二つ、カバーの質感やステッチ、真鍮色の金具まで。中をパラパラめくってみると、各ページのレイアウトもそっくり。決定的に違うのは、月間スケジュールが前の方に一括してあること。これは使いやすそうだと、こちらに乗り換えようかという思いが一瞬頭をよぎった。ただ、カジュアルは後ろのメモ欄が多く(もちろん敢てそうしているのだが)、A6ノートを併用している私にとってはかえって邪魔。両手にもって見比べた末、フォントや微妙なデザインの差でリシェルに軍配を上げ、当初の予定どおりリシェルをレジに持っていった。

でもなあ、中国製ならともかく、能率協会ともあろう者がここまでコピーするかね。恥ずかしいよなあ。

リシェル3

 

下は今年のもの。2冊になると少しうれしい。

 - 文房具、小物