すぐびん

読書や文房具のことについて書いてるブログです

検索

無印の小銭入れを値切って買った

      2016/07/12

小銭入れの話。

ここんところbox型のコインケースを使っている。口が大きく開くので小銭の出し入れがしやすいからね。

最初に使い始めたのがこれ。

コインケース

デパートのワゴンに積まれていた安いものだが、とても使い勝手がよかった。以来このbox型を使うようになった。背面にポケットが付いているのも気に入っていた。四つ折りした千円札やレシートなどちょっとした紙きれを差しておけるのが便利なのだ。かなり長い間愛用したが、さすがに蛇腹のところがクタクタになって、内側に納まりにくくなった。

次も同じ形のものをと時々探していたのだが、いざとなるとなかなか見つからなかった。硬貨だけど高価なものは要らないと、安いものを漁っていたからだろう。
そして二代目。

コインケース

これが微妙に使いにくい。背のポケットがないし、蓋を開けると時々小銭がこぼれたりする。少々不満を持ちながら使っていたわけだ。

さて、昨日、無印にフラッと立ち寄ったら、革のコインケースが陳列されているのが目に入った。

無印良品コインケースヌメ革

手にとってよく見ると、染めていない生のヌメ革製で、ちゃんと背面にポケットもあるまさに探していたもの。さっそく買おうと箱入りを探すと、生色がない。黒ばかり。
お店のおねえさんに聞いてみたが他に在庫は無いと言う。しかたない。
「じゃ、これちょうだい」
と言うと、
「現品ですけどいいんですか。色も変わっていますけど」
と返ってきた。
そのとおり少々焼けているが傷は無い。色は使っているうちにすぐ変わるんだからさほど気にならない。そして値切れる。
「これでええよ。現品やから安なるんでしょ」
「少々お待ちください」
と、おねえさんは上の人に相談に。
しばらくして帰ってきて、
「20%引きということで」
とのこと。
半額くらいまでがんばろうかとも思ったけれど、まっいいか、と妥協。1032円にて購入した。それがこれ。気に入ってます。

小銭入れの話が値切りの話になってしもたがな。

 - 文房具、小物