すぐびん

読書や文房具のことについて書いてるブログです

検索

ええじゃないか?あまりよくない 『太陽の塔』

      2017/09/16

太陽の塔 / 森見登美彦 / 新潮文庫
太陽の塔 (新潮文庫)

うーん、期待していたのにちょっと肩透かしかなあというのが、今回読んだ『太陽の塔/森見登美彦/新潮文庫』だ。のっけから、比喩を連発する饒舌な文章に辟易させられた。小生も学生時代を京都で過ごしたので懐かしくは読んだけれど(いまだにチャリンコが足なのね)、「で、何なの?」という感じ。あえて褒めれば、ええじゃないか騒動が始まった場面では思わず笑っちゃったことくらいかな。

 - 小説, 読書