すぐびん

読書や文房具のことについて書いてるブログです

検索

あなたの小説でよりよいシーン(場面)を書くための21の問いかけ

      2016/07/11

小説を書くにあたって、プロットもさることながら、それぞれのシーンをどう書くかはとても重要なポイントですよね。シーンをうまく表現することで、ストーリーの厚みが増しくる。でもこれがなかなか難しい。

そんなシーンの書き方のヒントがWRITE IT sidewaysの記事「21 Writing Prompts for Setting a Scene in Your Novel」にあったので紹介します。どれも、なるほどなあ、という項目です。もちろんすべてを文字にする必要はないですが、頭のなかでこれらを構築した上で書くといいかも。

  1. 場所はどこ?
  2. パッと目に入る周囲の様子は?
  3. 一日のいつごろ?
  4. 意味のある直喩、隠喩、擬人化はできそう?
  5. 視点のキャラクタはどんな気持ち?
  6. 肉体的に何か感じる?(体調が良いとか疲れてるとか)
  7. 何が聞こえる?
  8. その音は何を思い起こさせる?
  9. 声はどんな感じ?
  10. キャラクタの表情は?
  11. この瞬間、キャラクタの身体は何をしてる?
  12. キャラクタは何を話してる?それとも話してない?
  13. 何を思い出してる?
  14. 何か臭う?
  15. その臭いは何を思い起こさせる?
  16. 何か味わってる?
  17. このシーンのコンフリクトは何?
  18. それはストーリー全体のコンフリクトにどう反映してくる?
  19. キャラクタたちは今何を望んでる?
  20. このシーンに、将来起こることの前兆、予示はある?
  21. 全体のテーマはこのシーンとどう結びつく?

 - 書く