すぐびん

読書や文房具のことについて書いてるブログです

検索

日付印を使うとメモをもっと活用できる、それもダイソーので充分

   

回転日付印――数字のついたゴムのベルトをクルクル回し合わせて押すスタンプ――をご存じだろうか。これ、使ってみると案外いいなと最近感じたのである。

前々から回転日付印が気にはなっていた。ノートやカードにスタンプしてらっしゃる方もいたりして、それも面白いかなと。でも、あればいいな、くらいの欲求だった。というのも理由は二つあって、一つは、日付くらい手で書けばええやんと思う。でも統一感が出てうれしくなるような気がしなくもない。

もう一つは結構いいお値段すること。日付印の有名どころにはシャチハタ、サンビー、シャイニー、COLOPなんかがあるが、それなりの商品は1000~2000円くらいする。たかだか2000円とはいえ、日付をふるためだけには贅沢(けち)。何十回、何百回もふる必要があるのなら話は別だけど、そんな仕事してないし。

ということで、あったらいいけどなくても全然困らないものだったわけ。ずーっと長いことその状態で放っておいた。

で、先日要るものがあって、ダイソーで文房具のコーナーをぶらっとしていたら、ひょっとしてダイソーにあれあるかな、とふとひらめいた。そんでもって探してみたら……、あるじゃないですか。これで手を出しかねていた理由の一つが消えた。おもちゃみたいなもんだろうと端から期待はしないが、100円ならダメ元、お試しだったと割り切れる。

ダイソー回転ゴム印外観

買って帰って押してみると、これが予想以上に使える。ゴムを動かすところはスムーズに回る。印影はしっかりしているし、サイズはおよそ縦5mm横28mmと手ごろ。書体もなんの遜色もない。

ダイソー回転日付印印影

使えればラッキーくらいの気持ちでいたら、ほんとにラッキーだった。期待していなかったものがいい働きをすると、とても得した気分でなんかうれしい。

この100円日付印を何に使うかというと、「オッ」と思ったことを書きとめられるようにB7メモ帳を携帯していて、そのメモに押すことにした。

ダイソー回転日付印の使い方

さてそこで、いつ押すかという問題が持ち上がってくる。

そもそも日付は真っ先に記入するのが鉄則だが、メモを書くたびにスタンプするなんて面倒だ。印をいつも持ち歩くわけではないし、そもそもが無精者だから、まとめて一気に押したい。さはさりながらメモを書いたのがいつだったかわからなくなるのも困る。いつ押すか。

一日の終わりにまとめて押すことになるわけです。すると、そのときに一日のうちに書いたメモを見返すことになる。その日に書いたメモを必ずその日のうちに読み返すことが習慣になる。これがいいのだな。書きっぱなしのメモはただのゴミ。見返してなんぼです。ハイ。

ペタペタ日付印を押しながら、新しいことを思いついたら追記したり、組み合わせて新しいメモを書いたりすることもある。たんなる殴り書きメモの価値がちょっと上がる。それがまた、たくさんメモしておくといいことありそうだな、という気になって、ますますメモするようになる。メモするのが楽しくなる。好循環が生まれるのである。

そうやって蓄えたメモがさらに価値あるものになるかどうかは、その次の努力にかかっている。でもたった100円ですんごいご利益がありそうな予感。今更ながらダイソー恐るべしなのである。

あっという間に壊れちゃうかもしれないので、予備をストックしておいたほうがよいかな。でもこれだけご利益があるんだったら、今度はしっかりとしたものを購入してもよいかなとも思う。

 - 文房具、小物