すぐびん

読書や文房具のことについて書いてるブログです

検索

久しぶりの東野圭吾 『むかし僕が死んだ家』

      2017/09/16

むかし僕が死んだ家 / 東野圭吾 / 講談社文庫
むかし僕が死んだ家 (講談社文庫)

今日は息子たちをスイミングスクールに連れて行く担当になった。子供たちが泳いでいる間、約1時間、ボーッとするのももったいないので近くの本屋で文庫本を買って読んだ。
昔別れた恋人どうしが彼女の記憶を取り戻すために古い家を訪れる。家に残された日記や手紙、その他様々な手がかりを元に、彼女の過去とその家の謎を解き明かす。元恋人二人が古い家の中だけで繰り広げる推理劇に吸い込まれて一気に最後のページにたどり着いてしまいました。読みながら頭に引っかかった伏線も、最後にすっきりと決着をつけてくれます。
以前、ミステリに没頭していた時期があって、その頃のお気に入り作家の上位が東野圭吾でした。多作にもかかわらず作品ごとに新しい趣向で楽しませてくれ、奇をてらったプロットでないのに新鮮な驚きを与えてくれる。『秘密』、『白夜行』、『手紙』、『名探偵の掟』、等々、期待を裏切られたことはなかった。どれもこれもが一級のミステリ。久しぶりの東野圭吾は、ちょっと小ぶりだったけど、やっぱり面白かった。
(東野ミステリは今更褒めるまでもないのだけれど、小生の本当のお気に入りは『怪笑小説』、『毒笑小説』なのだね。)

 - 小説, 読書