すぐびん

読書や文房具のことについて書いてるブログです

検索

商売に使うだけじゃもったいない 『「0円販促」を成功させる5つの法則』

      2017/09/16

0円販促を成功させる5つの法則 / 米満和彦 / DO BOOKS
0円販促を成功させる5つの法則 (DO BOOKS)

小さな店を支援するノウハウがギュッとつまった『「0円販促」を成功させる5つの法則/米満和彦/同文館出版』、最後まで読むと末尾に、こう記されている。

※本書は「読み物」ではありません。今日から行動を起こすための「行動指示書」です。

丁寧な忠告ありがとうございます。そう、行動に反映させてこそ読む価値があるというもの。ボヤッとしていると、その肝心なところを忘れてしまうからね。

さて、行動を起こそう。私は、今現在商売しているわけではない。それでも本書は役に立つ。商売人でない人間が何を販促するのか。自分を売るのである。

本書で著者は、これまで集めた販促事例を整理して五つの法則を導いている。

  1. 素人でもできるインターネット販促で商売繁盛
  2. 集客が半永久的に継続するツールで商売繁盛
  3. 店の「個性」を打ち出すだけで商売繁盛
  4. 考えて!考えて!考えて!商売繁盛
  5. 「人」、「情熱」を付加した最強クチコミをで商売繁盛

それぞれの法則について、自分なら何ができるのか考えてみよう。

法則1

このブログ、インターネット販促のつもりなのである。ただし本名ではなく筆名で書いているから、今の自分を売り込むわけではない。この筆名の人物を宣伝したいのだ。しかし残念なことに、すぐりびんごは未だ世に出ておらず、将来この筆名を使いたいなあという思いだけなのが情けない。悪く言えばかなりまどろっこしい、良く言えば深謀遠慮なのである。

法則2

著書を持つことが半永久的に継続するツール、看板になるはず。うん、そのはず。ぶれずに進もう。

法則3

まずはこのブログのタイトルを変えてみた。以前のBiiingo!!よりもブログの中身を現すようになったのではなかろうか。でも、まだまだ漠としているなあ。
さらに、普段の生活で自分の「個性」を打ち出しているかとなると、これはまだまだだ。根本的に、「自分の個性」が何なのか考えたことすらなかった。このぼやけたいい加減差が個性なのかね。考える必要あり。

法則4

考える時間を確保する。これは常に自分に言い聞かせているつもり。もっともっと頭を絞れ。

法則5

情熱はあるか?非常識はあるか?感動はあるか?
この法則が私にとって最大のポイントである。

自分を売るための技術、確立するにはまだまだ道は険しい。それに気づかせてくれた本書に感謝。

(本書は「本が好き!」を通じて同文館出版より献本いただきました)

 - 社会, 読書