すぐびん

読書や文房具のことについて書いてるブログです

検索

能率手帳にToDoリストボックスをスタンプで作る

      2017/11/17

来年、2018年も手帳は能率手帳1にする。能率手帳が必要十分、「ずっとこれにする」と決めたからね(とはいえ、ほこりを被っているトラベラーズノートを再登場させようかと一瞬心が揺れたことを白状しておく。幸い揺れは小さくて、無事切り抜けることができた)。

能率手帳2018

でもって、手帳本体は今年と同じだけれど、気分よく使うための工夫は重ねていこうと思う。

たくさんToDoボックス・スタンプ5mm幅

今回の工夫はタスクリスト用のボックスをスタンプで作ってみること。右側の無地ページにその週のタスクをリストアップしていて、これまでは適当に書いていたのだけれど、あらかじめチェックボックスが並んでいたらきれいに記入できるかなと。

あれこれ探して求めたのはOSANPO Shoppingさんの「たくさんToDoボックス・スタンプ5mm幅」。四角が10個並んでいるだけの、スッキリとしたスタンプ。このシンプルさがすてき。

たくさんToDoボックス・スタンプ5mm幅

迷ったのはボックスの間隔。OSANPO Shoppingさんのボックス・スタンプには、箱の間隔が3.7mmから7mmまで、小刻みなラインアップがある。

  • 3.7mm:ほぼ日手帳にピッタリ
  • 4mm:英語版ほぼ日手帳にピッタリ
  • 5mm:ロディアなどの一般的な方眼にピッタリ
  • 6mm:ノートB罫、モレスキンにピッタリ
  • 6.5mm:トラベラーズノートの横罫にピッタリ
  • 7mm:ノートA罫にピッタリ

どれも何かにピッタリなのね。

でも無地ページに押すのだからどれにするか。これらの中から選んだのは5mm。いつも適当に書いているリストの行間隔を測ってみると約5.1〜5.2mmだった。となると5mmか6mmか。6mmの方がゆったりと書けるよなー、と思いつつも、ここは微妙に狭くはなるけれど、自然体の行間に近い方、5mmを選んだわけ。つまり、自分の書き癖にピッタリ。

ちなみに、OSANPO Shoppingさんのところには、これら以外にもおしゃれで使い勝手のよさそうなスタンプがすごい豊富に揃っている。

OSANPO ShoppingさんのAmazonストア

ノルティ(NOLTY)・能率手帳1用のToDoスタンプセットノルティ(NOLTY)・能率手帳1用のToDoスタンプセット

シャチハタ スタンプ台 緑

このスタンプを押すのにスタンプ台が要る。ここで能率手帳のデザインにマッチさせようとこだわるならば、色は緑でなければならない。黒じゃだめ、緑。さらに、ブランドを信頼して、シャチハタの「スタンプ台緑」を新調した。

シャチハタスタンプ台緑
シヤチハタ スタンプ台 HGN-1-G 小形 緑シヤチハタ スタンプ台 HGN-1-G 小形 緑

能率手帳に押してみた

さっそく試しに、今年の手帳にスタンプを押してみた。ページの右端から3.2mmのところにあるポッチを目印にして。予定通りのいい感じ。裏抜けもなし。ますます能率手帳に愛着が湧いてきたきたよ。やっぱり緑色が似合うのよね。

能率手帳todoボックス

能率手帳todoボックス裏

 - 文房具、小物