すぐびん

読書や文房具のことについて書いてるブログです

検索

文章にはこんな力があったのだ 『父の詫び状』

      2017/09/16

父の詫び状『父の詫び状/向田邦子/文春文庫』を読む。今まで読まなかったことを後悔し、ようやく読めたことをうれしく思った。
昭和初期の、女史が幼少の頃の思い出を中心としたエッセイで、なんとも美しい日本語である。一旦読み始めれば言葉の一つ一つが語りかけてくるようで、なつかしい暮らしぶりが今見ているかのようにのように髣髴としてくる。そしてじわっと熱いものが込み上げてくる。文章にはこんな力があったのだねと、改めて思い知らされた。

 - 小説, 読書