すぐびん

読書や文房具のことについて書いてるブログです

検索

ははっ、きっちりだまされた 『アヒルと鴨のコインロッカー』

      2017/09/16

アヒルと鴨のコインロッカー / 伊坂幸太郎 / 創元推理文庫
アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)
伊坂幸太郎の第5作『アヒルと鴨のコインロッカー/伊坂幸太郎/創元推理文庫』は、二つの物語が交互に進行する物語。一つは、大学に進学して引っ越してきたばかりの「僕(椎名)」と、同じアパートに住む河崎との物語。「僕」は河崎に誘われ、書店からの広辞苑強奪作戦に加担する。もう一つはその二年前、琴美とブータンからの留学生ドルジとのほのかなラブストーリー(もちろんグロなサスペンスも盛り上がる)。二つの物語は微妙なずれを感じさせるのだが、その違和感の与え方が絶妙だ。終盤、二つの物語が一つに収束してきて……、ははっ、きっちりだまされた。心地よい裏切りをありがとう、といったところだ。そして最後に「アヒルと鴨のコインロッカー」が提示される。せつない。

しかし伊坂幸太郎はどれを読んでも上手い。いつのまにか読んでいる自分が椎名になって、どっぷり事件にはまり込んでいるし、河崎、ドルジ、琴美たちが馴染みの友人であったかのように錯覚してくる。こんなに緻密で完成されていて面白い小説をなんで映画化なんかするのかねえ。

あえて伊坂幸太郎の欠点を挙げるとすれば、こんな小説を読まされては自分が物語を書こうという気持ちが萎えてしまうということだ。なぜ伊坂の小説はこんなに面白いのか。それを考察できないでいるのがもどかしい。ちゃんと分析してみよとうっと。

【関連記事】

 - 小説, 読書