すぐびん

読書や文房具のことについて書いてるブログです

検索

僕にはこれが、特別な時間なのだ 『チルドレン』

      2017/09/16

チルドレン
伊坂幸太郎
講談社文庫
チルドレン (講談社文庫)
先ほど文庫化された伊坂幸太郎の『チルドレン/伊坂幸太郎/講談社文庫』は、短編集だけどちゃんと長編になっているという物語。
家裁調査官の陣内と盲目の永瀬とを中心とした、なんとも優しいストーリーが次々と繰り出される。一話ごとに時間と視点(話者)がくるくる変化するが、なんら違和感を感じることなく、各話が絶妙に配置されている。当然、その滑らかさは伊坂の計算しつくされた目論見であって、それがきっちりと成功している。各話は軽いミステリ仕立てになっているものの、それらはどちらといえばありふれた、容易に先がよめる謎だ。だからこそ読者はミステリ(謎)に邪魔されることなく、物語が含んでいる優しさを堪能することができる。
読後感はいたって心地よい。本書の最後の一節が、あたかもその気持ちを代弁してくれているかのようだ。

歴史に残るような特別さはまるでなかったけれど、僕にはこれが、特別な時間なのだ、と分かった。この特別ができるだけ長くつつけばいいな、と思う。甘いかな。

そう、伊坂作品を読みふけっている間は、ささやかだけれど特別な時間に思えるのだ。心地よさという意味では、これまでに読んだ伊坂作品の中で本書が一番好きかもしれない。

こちらもいかが 伊坂幸太郎の本

  • ギャングの日常は、どう見たって非日常 『陽気なギャングの日常と襲撃』
  • 微妙な嘘は、ほとんど誤りに近い 『死神の精度』
  • 死んでるようには生きたくない 『グラスホッパー』
  • 手放してはいけないものがある 『ラッシュライフ』
  • 僕にはこれが、特別な時間なのだ 『チルドレン』
  • ははっ、きっちりだまされた 『アヒルと鴨のコインロッカー』
  • ロマンはどこだ 『陽気なギャングが地球を回す』
  • 優午の苦悩 『オーデュボンの祈り』
  • 伊坂幸太郎初体験 『重力ピエロ』

 - 小説, 読書