すぐびん

読書や文房具のことについて書いてるブログです

検索

湯川のモデルは佐野史郎だった 『探偵ガリレオ』

      2017/09/16

探偵ガリレオ (文春文庫)ドラマ化の影響を受け、『探偵ガリレオ/東野圭吾/文春文庫』を読んでみた。普通によくできたミステリ。しかし、あの東野圭吾が書いたとは思えない、という意味では完全に期待はずれ。描かれているトリック、というか不思議な現象がそれほど不思議じゃないのだ。科学技術を無理やり凶器に仕立てているって感じ。それが著者の意図だと言われればそれまでだけれど、物足りない。湯川もぜんぜん物理学者っぽくないし。大学時代の友人である刑事が捜査の相談に来て、謎を解説してちゃんちゃん、というのはいくらなんでも寂しいなあ。えらそうなことを言って申し訳ないが、これが実感。理科って、たねをばらしちゃうとなかなかミステリになりにくいのかもしれない。東野圭吾をもってしても。

ところで、解説(佐野史郎)に書いてあったけど、湯川のモデルって佐野史郎だったのね。ぜんぜん福山じゃないじゃん。

 - 小説, 読書