すぐびん

読書や文房具のことについて書いてるブログです

検索

チュートリアルに演じてもらいたい 『夢をかなえるゾウ』

      2017/09/16

夢をかなえるゾウお見事!

パッケージングの重要性、威力を見せつけられた。これも「編集」の手法の一つと言えるのかもしれない。

あまりに売れすぎているようなので、これまで敬遠していたのだが、天からのささやきが聞こえたような気がして『夢をかなえるゾウ/水野敬也/飛鳥新社』を読んだ。目の前で海が割れて道ができたような、衝撃的な一冊であった。書かれている内容じゃないよ、書き方のこと。

草なぎ、鶴瓶の声でアニメ化されているようだが、そんなキャスティングぜんぜんダメ。チュートリアルに舞台で演じてもらいたい。もちろん「ガネーシャ」が徳井、「僕」が福田である。

 - 社会, 読書