すぐびん

読書や文房具のことについて書いてるブログです

検索

『ラバー・ソウル』に胸がしめつけられた

      2017/09/16

ラバー・ソウル / 井上夢人 / 講談社
ラバー・ソウル

「本が好き!」さんからプルーフ版を頂戴しました。いつもありがとうございます。

ミステリを読んで、これほど胸がしめつけられたことがあっただろうか。こみあげてくる切なさ。
ミステリの内容を紹介するのは難しい。ここでは「ストーカーの男が、彼女と親しくする男を殺害する物語り」と言っておこう。そんな話がなぜ切ないのか?その理由を知るには最後まで読んでもらうしかない。講談社BOOK倶楽部の惹句には、

大胆不敵かつ超細密。
空前の純愛小説が幕を開ける。

と謳われている。まさにそのとおり。

まずミステリとして衝撃的だ。注意深く読み進めるうちに、この展開をどう決着させるのだろうと心配になった。もちろんそんな素人の心配をよそに、プロの作者は驚きの結末を用意してくれている。二重のトリック。一つはうすうす予想もできたが、残る一つには完全に騙された。みなさんは見破ることができるだろうか。

そしてたどり着いた結末が……、やりきれない。込み上がる感情をどう処理すればよいのか。娯楽小説のはずなのに、しばらく戸惑うことになった。切なすぎる。そんな気持ちをかすかに感じていただくために、ぼくの胸に突き刺さったフレーズを一つだけ挙げておく。

「地獄ってね、天国みたいなところだと思います」

井上夢人氏は今年62歳。一読者のくせに偉そうな物言いをしてしまうが、この作品で岡嶋二人を超えた。驚くべき気合である。

 - 小説, 読書