すぐびん

読書や文房具のことについて書いてるブログです

検索

予想できないミステリ 『二枚舌は極楽へ行く』

      2017/09/16

二枚舌は極楽へ行く (FUTABA・NOVELS)立て続けに読んだ三冊目の蒼井上鷹となる『二枚舌は極楽へ行く/蒼井上鷹/双葉ノベルス』、前の二冊でだいぶ蒼井上鷹になれてきたつもりだったのだが、作品ごとに「うーん、そうきますか」とうなってしまう。読者に予想させない展開にまいりました。

本書は、例によって酒と恋愛にまつわる日常が、思わぬ非日常へと変化していくブラックなミステリ小品集。氏の短編集二冊目で、短編、掌編それぞれ六つずつが収められている。

先に、予測できない展開と書いたが、中では「ラスト・セッション」が極めて真っ当なミステリとなっている。私のお気に入りは、掌編「私のお気に入り」と表題作「二枚舌は極楽へ行く」。なんとも微妙な下品さが好きなんだなあ。

おまけとして、最後のページの広告も洒落っ気があってよいねえ。

こちらもいかが 蒼井上鷹の本

  • 中島らもさんへのオマージュ的作品 『出られない五人』
  • ミステリ好きのおじさんなら気に入るはず 『九杯目には早すぎる』

 - 小説, 読書