すぐびん

読書や文房具のことについて書いてるブログです

検索

苦さが旨い 『人生を変えた時代小説傑作選』

      2017/09/16

人生を変えた時代小説傑作選 (文春文庫)
人生を変えた時代小説傑作選 (文春文庫)

文春文庫からそそられる一冊が登場した。『人生を変えた時代小説傑作選/山本一力・児玉清・縄田一男 選/文春文庫』がそれ。時代小説を愛するお三方の選りすぐりの短編が2編ずつ、計6編が収められている。超有名処の作者が名を連ねる、なんとも贅沢なアンソロジーだ。最近少し時代小説にご無沙汰していたので、ナイトキャップ代わりに愉しんでみようかと。

<収録作品>

  • 菊池寛「入れ札」
  • 松本清張「佐渡流人行」
  • 五味康祐「桜を斬る」
  • 藤沢周平「麦屋町昼下がり」
  • 山田風太郎「笊ノ目万兵衛門外へ」
  • 池宮彰一郎「仕舞始」

男くさい6編である。そしてどれもこれも苦い。卑怯な自分に苛まれる姿であったり(「入れ札」)、自分が為した悪行非道を突きつけられたり(「佐渡流人行」)、死から生への大転換の苦しみであったり(「仕舞始」)。
中でも「笊ノ目万兵衛門外へ」は凄まじい。正義、信念を貫き通す同心がたどる非業の人生とその最期。おれが何をしたというのか。何故こんな目に会わねばならないのか。神も仏もないのか。震えた。苦すぎる。苦いものが人生を変える、とういうことなのかもしれない。

ちなみに、収録作品に用いられるこれらのテーマは、現代小説でも書けるだろう。しかし、時代小説の形をとることで、より精製されるように感じる。時間の隔たりのせいだろうか。「侍」を美化した先入観によるものかもしれない。
時代小説の枠を超えて、存分に苦みを味わえるはず。超おすすめの一冊!

 - 小説, 読書