すぐびん

読書や文房具のことについて書いてるブログです

検索

2010年、読んでよかったなあと思う本

      2016/07/16

年末になるとどうしてもやりたくなるベスト本選び。今年は3つの“E”カテゴリーで3冊ずつを挙げてみた。よって全部で9冊。それぞれの感想はリンク先をどうぞ。

Encouragement 元気になった本

顧客が熱狂するネット靴店 ザッポス伝説―アマゾンを震撼させたサービスはいかに生まれたか 『顧客が熱狂するネット靴店 ザッポス伝説―アマゾンを震撼させたサービスはいかに生まれたか』
トニー・シェイ
ダイヤモンド社
すぐびん|読んだら「ワオ!」と叫びたくなる 『ザッポス伝説』
The Art of Non-Conformity: Set Your Own Rules, Live the Life You Want, and Change the World 『The Art of Non-Conformity』
Chris Guillebeau
Perigee Trade
すぐびん|2010年のベスト本候補 『The Art of Non-Conformity』
スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則 『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則』
カーマイン・ガロ(井口耕二 訳)
日経BP社
すぐびん|プレゼン、その前に大切な一つの法則 『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』

Education 勉強になった本

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学 『これからの「正義」の話をしよう―いまを生き延びるための哲学』
マイケル・サンデル(鬼澤忍 訳)
早川書房
すぐびん|3段階の刺激が味わえた 『これからの「正義」の話をしよう』
知性の限界――不可測性・不確実性・不可知性 (講談社現代新書) 『知性の限界―不可測性・不確実性・不可知性』
高橋昌一郎
講談社現代新書
すぐびん|最高に愉快な哲学の話『知性の限界』
宇宙は何でできているのか (幻冬舎新書) 『宇宙は何でできているのか 素粒子物理学で解く宇宙の謎』
村山斉
幻冬舎新書
すぐびん|物理学者には見える「モノ」 『宇宙は何でできているのか』

Entertainment 面白かった本

『天冥の標』は1~3、『日本人の知らない日本語』は1、2合わせてね。

天冥の標〈1〉―メニー・メニー・シープ〈上〉 (ハヤカワ文庫JA) 『天冥の標 1 メニー・メニー・シープ』
小川一水
ハヤカワ文庫JA
すぐびん|さあ、のめり込むゾ 『天冥の標I メニー・メニー・シープ』
ラスト・チャイルド(上) (ハヤカワ・ミステリ文庫) 『ラスト・チャイルド』
ジョン・ハート(東野さやか 訳)
ハヤカワ・ミステリ文庫
すぐびん|家族を取り戻すためなら『ラスト・チャイルド』
日本人の知らない日本語 『日本人の知らない日本語』
蛇蔵&海野凪子
メディアファクトリー
すぐびん|日本語学校の先生がいる限り 『日本人の知らない日本語』

 - 考える