すぐびん

読書や文房具のことについて書いてるブログです

検索

英語学習で使っている教材[TEDで笑えるようになるプロジェクト]

      2018/04/10

英語学習教材

TEDを観て笑えるようになる、それも10か月で。そんな無謀な目標を掲げたプロジェクトを進めるために採用した教材を紹介してみようかなと。TEDを聴き取れないのは何が足りないのか、それを補うには何が必要なのかを考えて選んだ。大前提は、「知らないモノ(音、単語、フレーズ)は聴き取れない」ということ。ここに挙げたのはぼくが今実際に使っている最中の教材なので、効果のほどはこれからのお楽しみ。

英語耳 発音ができるとリスニングができる

まずは音を聴き取れないと話にならない。なので発音を習得するところから始めます。採用したテキストは『英語耳』。最低限ここまであれば、という範囲がコンパクトにまとまっていたので。IPAには準じていないんだけれど、これで充分かと。

付属CDが20分と、あまり時間をかけずに全体を繰り返し練習が可能。「100回繰り返せ」とあるから、2000分、33時間ほどで完了ね。

英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる
英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる

毎日の英文法 頭の中に「英語のパターン」をつくる

音が聞けただけでは言葉は聴けない。反射的にわかるフレーズをたくさん吸収しておけば聴き取れるようになりそうだ。そこで選んだのは『毎日の英文法』。文法カテゴリーに分けて約800個の短文が収録されている。無駄な英文は1文もないとのこと。

文法の解説はごく簡単なのだが、よく読むとその中にとても大事なことが書かれていてハッとする。

毎日の英文法 頭の中に「英語のパターン」をつくる
毎日の英文法 頭の中に「英語のパターン」をつくる

例解 和文英訳教本 (文法矯正編) 英文表現力を豊かにする

フレーズを覚えるにしても、何でそう言うの?を教えてくれるのは文法。文法書はいろいろあるが、体裁が読み物になっていて、あまりにも解説が理解しやすいので『例解和文英訳教本』を入手した。口調がちょっと厳しめなのもぼくには好み。

「文法矯正編」の名のとおり、基礎の基礎から叩き直してくれる。My father writes novels. をどう訳す?から始まって、目からうろこの連続なのだ。

例解 和文英訳教本 (文法矯正編) --英文表現力を豊かにする
例解 和文英訳教本 (文法矯正編) --英文表現力を豊かにする

新ゼロからスタートシャドーイング 入門編

「英語上達完全マップ」他いろんなところで言われている「音読が大事」をけっこう信じている。音読のなかでも、できればシャドーイングまでできるようにしたい。

そこで『新ゼロからスタートシャドーイング入門編』を、シャドーイングのやり方を習うために使うことにした。

新ゼロからスタートシャドーイング 入門編
新ゼロからスタートシャドーイング 入門編

DUO 3.0 & DUO 3.0/CD復習用

知ってる語彙を増やすことは絶対必要だ。特に今回のプロジェクトは短期間勝負なので単語帳を使って強制的に増やす必要がある。単語帳は『DUO』を選んでおけば間違いないかなと。CD使えば60分で1周できるしね。

ただ、まだ本格的には進めていない。今はその前の段階だと思っているので。

DUO 3.0
DUO 3.0
DUO 3.0 / CD復習用
DUO 3.0 / CD復習用

TED

目標であり教材、というかこれを教材にできるところまで行きたいわけだ。当面の使い方は別の記事で書こうかと。

その他

これら以外にも、『ニュースで英会話』『ラジオ英会話』『Enjoy Simple English』などを加えてもよいかなと考えているが、あまり教材を増やしたくないので、おいおい様子を見て検討だな。

 - 学ぶ 英語